2017年8月16日水曜日

生活方式の好み

昔・・私が20代の頃・・家はモダンで センスが良く・・・美しいのがいい! と・・。 その趣味は 白木とオフホワイト・・北欧調ってのが良かった・・。

それが・・ドンドン変わって来て・・”田舎風”と言うのになって来た。 日本家屋の田舎ではなく・・欧米の田舎風。 つまりギンガムチェックが似合う素朴な物。

それが 今度は そんなかわいい田舎風ではなく・・チャラチャラが嫌いになる。 そして大きな丸太で作ったのも 好きではなくなった・・。

最近は リサイクル素材・廃材等で作った粗末の家屋がいい・・と思うようになった。 

贅沢な家屋を見ると すごく嫌な感じがする。いつもその贅沢な家屋にする為に無駄なお金を使って・・地球の資源を無駄に使っている・・と思ってしまうからだ・・。

リサイクルの素材を使って・・つまりゴミとなるような物を使って ちゃんと住める家と言うのに ものすごくワクワクするようになった。

そして そのゴミからできた家が ものすごく合理的・機能的に出来ていたら それが最高の物に思える。

そしてその好みの変化は家屋だけではなく・・日常に使う物全ての物に置いて 徹底的にリサイクルを好む様になった。

ゴミから便利な生活用品(台所用品・服・家具など)を見つけると ワクワクする。

食べる物もなるべく自家栽培の野菜や果物にしたい・・と思う。
植物達も 自分が育てた物から種を収集して又植える。 もしくは挿し木にしたり・・株分けをしたりして リサイクルに徹したい。

”好み”と言うのは 歳と共に ドンドン変化するものなのだなぁ~~と思う。

2017年8月14日月曜日

醤油さし

28年前 ニュージーランドに移住して来る時に 家具も何も持ってはこなかったけど・・醤油さし2個だけをスーツケースに入れて持って来た・・・。

その醤油さしはとても使いやすく・・そしてニュージーランドでそう簡単には醤油さしは手に入らないだろう・・と言う事で・・持って来たのだ・・。

でも 一個は地震の時に割れて失った・・。
で もう一つは大切に! それでも毎日愛用していた・・。 それが引っ越しの時から紛失。 血眼になって探しても無い! どう考えても無い! 
自分が仕舞ったのか・・?
だれかが持っていったのか・・?
それも覚えていない・・イライラのフラストレーションを 何か月も抱えて・・もう 完全に頭に来たけど・・諦めるしかない。 ない物はないのだから・・。

と言う事で・・今回日本に滞在した時に・・醤油さし! 醤油さし! と呪文の様にとなえつつ・・何個もの醤油さしを買った。 いつも外にでれば違う醤油さしを買う私を見て・・友人が 「何個買えば気が済むの?」と言うくらいたくさんの醤油さしを買った。

大量の醤油さしの中でも下↓のは 醤油さしの王様!

骨董市の隅の方で・・ポツンと埃をかぶっていたこれを発見して興奮! して感動! 
と言うのも これって 私が子供の頃に家にあった物である・・。
昭和初期を生きた年代の方が見たら すごく懐かしい物である・・。
これは買うっきゃ~ない!! って事で意気揚々と手にいれる・・。

が・・なんせ醤油さしを買い漁っていた私だから色んな醤油さしにぶち当たる・・。
なんと わざわざ骨董市で買わなくても・・その辺の店のキッチン用品の売り場に無数に同じ物があったのだ・・。

あ~・・なんだか 興奮したのが アホの様な気がした。

でも 色のついた・・それもこのブルーの色のは無かった・・。 って事で・・このブルーの色のが私の子供の頃に使っていた物・・。
毎日 テーブルの上にこれがあるのを見て・・やはり嬉しい・・。

ちなみに血眼になって探していた古い醤油さしは この醤油さしを使いだした頃・・ヒョンな所から出てきた・・。

歳をとると・・アホっぽい事が色々勃発するのだ・・。

昔隠した鍵

多分 もう 10年ぐらいも前だろうか・・?
私が 脇見も振らずKiwihouseで働いていた頃・・。 夜中とか・・色んな時に事件が勃発! 

そして緊急にKiwihouseの中枢部(オフィス)に入らなければいけない事があった・・。とりあえず そこに入れば 全ての鍵があるから そこへの侵入鍵さえあれば 対処しようがあった・・。

が・・いつもいつも 鍵を持ち歩いている訳でも無い・・鍵を持たないで ロックアウトされた事もあった・・。

そうなると自分の部屋にすら入れない・・。

それに自分がそこにどうしても行けなくて・・誰か信用のある人にとりあえずヘルプを頼みたい事がある・・。

そんな時の為に 緊急侵入鍵を外にある倉庫の横の隙間に入れていた。 

先日庭の片づけ・・掃除・・を久しぶりにやっていたら・・フトその鍵の存在を思い出したのだ・・。 無くなっていたら・・大変! でも あるだろうか・・?

倉庫の外側にある隙間をくまなく探したが・・無い・・。 これが無いという事は・・誰かが見つけたのか・・?! と焦った・・。

が・・土にまみれ・・腐った葉っぱにまみれ・・まるで腐葉土と化した土の中にこの鍵の袋を発見。

袋の中の鍵は まだ 光っていた。




もう この鍵を隠して置く必要もあるまい・・と思って 10年間 お疲れ様・・鍵さんに言い ひきあげて来た・・。

2017年8月10日木曜日

喉から手が出そうなくらい欲しかった物件が 人の手に渡った・・。

今年の日本滞在は 不動産を見て歩く・・と言うのも大きな目的の一つだった・・。

まるで侍屋敷の様な門構えと 何百坪にも渡る敷地・・溜息が出そうなくらい真っ黒になった大きな梁。 百年以上も前に建てられたという古民家は 私の心を虜にした・・。

が・・じゃ~・・と言って すぐ契約しようとは思わなかった・・。 なぜか・・? 

最初に見た物件に飛びつく訳にはいかない・・なんせ自分の服を買うとか言う値段ではないし・・。 不動産は一生を左右する買い物であるし・・。

その後・・たくさんの物件を見たが・・その最初に見た古民家は私の心を掴んで離さなかった・・。

最後に意を決して・・日本を発つ前に その不動産屋に連絡。 本気なので・・建物専門家にその物件の安全性を調査依頼をして買う! と言う意気込みだった。

が・・すでに ”東京から一級建築士を入れて買う方向に行っている買い手が他にいる” と言われた。

そして今・・又 連絡してみたら その古民家は売れたとの事。 ちゃんとした古民家だったらしい・・。

大きな落胆ではあったが・・その家と私とは縁が無かったのだろう・・と言う事で・・諦めた。 諦めがついた・・。

もし! 私がクライストチャーチ大地震を経験していなかったら 絶対に悔しい!! といつまでも 執念深く悔やんだと思う・・。

私がクライストチャーチにやって来て・・宿をやる為に 相当の数の不動産を見て回る。 そして 最初から大きく出た訳ではない・・地道に 少しづつ・・少しづつ大きくなった宿だ・・。

クライストチャーチの銀座と言ってもいい一等地にも物件があって・・その頃私の手が届いた・・。

シャトーと言われる・・素敵なお城の様な古い物件も私には手が届いた・・。

膨大な数の部屋があり・・クライストチャーチ市でも名の知れた昔 市が所有していたという館の様な物件も購入チャンスがあった・・。

ではなぜに・・買わなかったのか・・・? 

理由は解らない・・ただ・・そのチャンスが訪れた時・・これを私が買っていいのか・・? と問うた時に・・いや・・いまではない、 今これは危険かも・・? とか 色んな事が脳裏をよぎった。

で・・いつも その後 それを買わなかった事を悔やんだ・・。 もし あれを買っておけば! あれだって もし買っておけば 今頃 ニュージーランドで一番のホステルになっていただろうに! と自分の根性の無さを 悔やんだ・・。

が・・2011年2月の大地震が来て・・それらの建物は全て崩壊した。 そして今もなお再建の見通しがついていない。 なぜかというと 市と国の 都市計画にそれらの物件の場所は勝手に個人がいじれなくなったのだ・・。 例えそれが個人の不動産であったとしても・・。

結果的には それらに手を付けなかった私を神様がすくってくれたのかも・・? と強く思う様になった。

前の夫が持っていた・・素晴らしい歴史的建物が街中心部にあり・・彼の引退時に彼は私に安く譲ってあげる・・と言った。

今回の古民家を見た時の様に胸が高鳴り・・欲しい! と思った・・。

しかし その時飼っていた自分の犬が コンクリートだらけの場所で生活させるのは嫌だ・・と涙を呑んで その物件を諦めた。

諦めたすぐ後に その建物は イギリス人の金持ちによって・・ 前夫が私にオファーしてくれた値段の倍の値段で競り落とされた・・。

しかし それもあの クライストチャーチ大地震で崩壊し・・ 大聖堂のすぐ傍でありながら・・そこにはまだ何も建っていない・・。

つまり 私が全財産をはたいて その物件を買っていたら・・今頃破産していた・・。私の犬が私の人生を救ってくれたのだ・・と思うようになった・・。

今回の古民家も 良い物件なのかもしれないが・・私の為の物ではないのだろう・・。やはり 不動産と言うのは ”出会い”なのだ・・・。

2017年8月6日日曜日

人生所詮暇つぶし・・

だいぶ前の話だが・・私が ”人生所詮暇つぶしだから・・” と言ったトタン!怒りだした若者がいた・・。

私はビックリ! ”なんで あんたがそんなに怒るんか・・??” という気持ち・・。

彼が言うには ”そんなふざけた気持ちで生きるんじゃ~ない!!” と言う。 

だけど・・私にとっては ふざけるも何も・・そうなんだし・・それが 一番正直で事実なんだし・・いくら ふざけるな! と言われても仕方が無い事なのだ・・。

”で・・? あんたは真面目に生きてるんかい?” と反対に言いたかった。 真面目に生きるって事がどういう事なのか 説明して貰おうじゃ~ないの?! とも言いたかった・・。

どんなに頑張ろうと・・いや 頑張る気持ちすら湧いてこないなら・・ダラダラと生きるしかないんではないか・・? 自殺するぐらいの勇気があればとっくの昔に死んでるわ~!! ともいいたかった。

みんなそう簡単に死ぬ事は出来ないと思う。 簡単に死ねるならもっとたくさんの人が もっと簡単に死んでいると思う・・。

人の死で一番ショックだったのは・・ロビン ウィリアム が死んだ時だった・・。 あの”生きる希望を与える人が・・なぜ・・??” と思わずにはいられなかった。

彼の自殺数日前に ニュージーランド人の身体障碍者が彼に手紙を出したところ・・勇気を出すような手紙が彼の自筆で返事が来たそうな・・。その数日後彼自身は自殺した・・。

なぜに? 彼自身が死ぬ必要があったのだろうか・・?

世界じゅうの膨大な数の人々が彼の自殺を なぜに? と言う気持ちで悼んだ・・。 私もその人の一人だった・・。

何日も彼の自殺は腑に落ちなかった・・。 でも ある人が言った・・”彼も苦しんで苦しみ抜いたのだから・・今は天国でやっと楽になっていると思うよ” と言う言葉に救われた・・。

人は どんな人でも 苦しむのだ・・。 例え彼の様に 人に生きる力をあたえ続けて来た人でも・・いや そんな人だからこそ 生きる意味に真剣なのだろう・・。

彼だって人間・・神様ではないのだから・・。

天国で 苦しむ事から解き放たれてよかったね! と言う気持ちを持てて・・私はやっと安心できた・・。

と言う事で・・私自身は・・毎日 とりあえず 寝床から起き上がり・・そして 目の前の汚れた食器とか片づけて・・天気が良ければたまった洗濯もんでもするか~・・といいつつ 日常の雑用にかまけて一日が過ぎる・・。

それを惰性で毎日繰り返す事が・・生きると言う事なのだろう・・。