2018年5月8日火曜日

家族


先日夫の70歳の誕生日だった・・。
よって 彼の祖国オーストラリアから 彼の兄弟達がやってきた。

彼の兄弟達が 夫の元にやってきたのは 初めての事。
つまり53年、半世紀以上前から一回も訪ねてきてはいなかった・・。

ニュージーランドとローストラリアの距離は 飛行機で 3時間ぐらいなので・・すぐなのだ・・。

が・・彼等がやってきたのは初めて・・。

つまり夫は 高校を出てすぐ ニュージーランドにやってきて 以来彼の国はニュージーランドになってしまったのだ。

彼は医者である親の期待に全く添う事が出来ず・・・つまり出来の悪い息子と言うレッテルを貼られて・・彼は実家から出てしまった様な存在だった・・。

彼が若い時に結婚した時も 親・兄弟を結婚式に招待しても誰一人として やってきた人はいなかった。

つまり彼は 家族からハミゴ的存在だったのだ・・。

そして 今回 夫の70歳の誕生日にみんながやって来るという事で・・それは もう 夫にしては 彼がティーンエイジの時以来の興奮する出来事だったのだ・・。

もう みんな 彼等の両親も無くなり・・血縁は兄弟であり・・自分の子供や孫なのだ・・。

そして自分の世代は もう終わろうとしている・・。

だからこそ お互いが大切な存在になってきたのだろう・・。
今まだ 兄弟みんなとりあえず元気だが・・その内 一人欠け・・二人欠け・・と言う事になって行くのだから・・。




我が家のフェジョア

今年も忘れずに フェジョアの季節がやってきた。
香り高いこのフルーツは まるで香水の様なステキな香りをプンプンとふりまくのだ・・。

大量に収穫できるので・・お腹いっぱいだべられる。
スーパーで売っているフェジョアは立派で 柔らかいが・・・甘味も薄く・・香りもしない・・。

まだ・・我が家の木に実るフェジョアに勝るのに出会った事は無い・・。

鯉のぼり

日本は鯉のぼりの季節
丁度 私の孫もその時期に日本に居て 鯉のぼりの写真を送ってきた・・・。

日本だなぁ~~・・としみじみと想う・・。
そして 遠い南半球で生まれて育つ孫も 純粋な日本人。
鯉のぼりとの写真は とても似合っているのだ・・。


人間らしくダンス会で生きるには・・・

もうすぐ 90歳だという いつもタンゴダンス会に居た 老人男性が先日亡くなった・・。彼は無くなる一か月前まで ダンス会にいつも居たのだ・・。

彼の事は 私自身では 25年ぐらい前から知っている・・私のやっているジャイブダンスにも来てたし・・・タンゴもあの頃からやっていた・・。

我が家でやった ダンスパーティーにもやってきていて・・みんな ジャイブを踊っていたが・・私と彼とはタンゴダンスをした・・。

そして 数十年後私がタンゴのダンス会に行くと 彼が居たのだ・・。

でも 彼はスッカリ老人になり・・誰も 鼻もひっかけない状態・・。 完全無視していた・・。 彼自身も 女の人を誘うという 気力もあまりない感じ・・。

私を発見して 懐かしそうによってきて 私をダンスに誘った・・・。

が・・彼のリードは まるっきり リードでもなく・・私はオタオタとしているだけで・・ダンスらしきものは不可能だった・・。 そして 強い老人臭で気分が悪くなるほどだった・・。

以来 そのダンス会に行くのは辞めた・・。その老人に目を付けられるのがつらいからだ・・。

他のダンス会でも 彼を見かけたが・・そこでも彼と目を合わせようとする者は誰もいない。 完全に全員が彼を避けていた・・。

私もその一人・・・。 誰もが ダンスを楽しむ為に来ているのに・・老人介護的な仕事はしたくない・・よって 彼から視線を逸らすのは仕方のない事だった・・・。

結果彼は いつも 一人ぽっちで・・ダンスをしにきても・・ずっと 隅に座っているだけだった。 誰一人として 話しかける人も居ない・・。 つまり近寄る人も居ないのだ・・。

そんな彼が亡くなったニュースを聞いたトタン! ネットで彼の事を褒めた耐え・・いかに彼がすごい人だったかを言いまくっていた・・。

挙句は 彼の追悼ダンス会をするらしい・・。

そんな事をするのなら なぜに彼が生きている時に 一言でも声をかけ・・話を聞いてあげる事等をしなかったのだろうか・・?

本当にタンゴダンス会と言う コミュニティーは 言いたくはないけど・・最低で・・いい感じのする物ではない・・。

パートナーダンスと言う物はそんな物なんだとは ジャイブダンスをしていた時から知ってはいたが・・。 それにしても あまりにも辛辣すぎる・・。

ダンス会で優雅に 楽しく踊るには まずパートナーを見つけなければならない。 つまり パートナーとなるべく人をゲットしない限り踊れないからだ・・。

で・・女性が誘われるべく パートナーをゲットするにはどうすればいいか!?

それは もう そのコミュニティーの人間達に受け入れられる・・それだけだ・・。

そうやって受け入れられるか? それは 自分からフレンドリーに話しかけ・・友達になり・・そこで 相手が自分を気に入ってくれれば・・パートナーになってくれる可能性はある・・。

が・・どうやってその友達関係で気に入って貰えるか・・? それは 評価が高くなければならない・・。

つまり 

1 若い・・・若いというだけで人気度は高い

2 美しい・・・美しいというのはとても大切らしい・・美しくて若い女はほとんど踊れなくてもひっきり無しに誘う男が来る。

3 踊りが上手い・・・上手いレベルはトップでなければ上手いとは誰も思わない。 つまり普通の上手さでは 上手い内には入らない。

4 性格がいい・・性格はいいか悪いかは その相手と相性が合うか合わないか だから微妙なのだ・・。

5 押しが強い・・大体中国人女性は相当押しが強い

6 自信の無い様子・・・日本人女性

これ等の5つの事で上から重要性の高い順に書いてみた・・。六番目は 誘われやすい項目だ・・。 

しかし・・ 誰も踊りたくない男(醜い・踊りがへた・老人・臭い・・で女全員が完全に避ける男)の餌食になる女のタイプが6番目なのだ・・。私はやっと その餌食にならない術を学んだ・・。 

どのパートナーダンスでも 英語の話せない控えめの女の子は だれもが餌食になるのだ・・。

押しの強いアジアの女は 結構ダンス会にはドンドン入り込んで行く・・。 が・・一つ気づいた事は A級男性は絶対 押しが強いだけで そんな女は誘わない・・。

やはり 自信の余りない・・ダンスもあまりうまくない男が アジア人女で押しの強いのと踊っている・・。


と言う事で 私は ”ダンス会” と言う所にでかけて行くのは まだまだ不可能なのだ・・。 取り敢えず踊ってくれる人はまずいないからだ・・。

自分は若くも 美しくもない・・踊りが巧い訳でもない・・。 取り柄はなに一つない・・。 

じゃ~ いつになったら みんなと一緒に楽しくダンス会で踊れる様になれるのか・・? それは大きな課題として今の私にのしかかっている・・。

が・・そう焦ってはいない・・。 だって みんな10年 20年やっているという人がほとんどだ・・・。

つまり 私は ”十年早い”のかもしれない・・。まだ ダンスを初めて 数か月なのだから・・。

2・3年はジッと様子を観てて・・ 仲のいい友達がダンス会の中でたくさんできたら・・そこで 誘ってくれる人もできるだろう・・。

諦めずに 初級クラスに ずっと通い詰めて・・個人レッスンに通い詰めて・・少しはダンスが上手くなれば・・踊ってくれる人もできるだろう・・。

だが・・先日亡くなった・・臭くて・・誰もが無視するような老人になってまで ダンス会にしがみつくのだけは 辞めよう・・と心に誓った・・・。

2018年4月21日土曜日

パートナーダンスは ダンスレベルだけ磨く物でもないらしい・・

タンゴダンスを始めたが・・道のりは 険しく・・長い・・。

私の練習場は・・ビギナーのクラス、 中級から上級の人が行くクラス、そして 個人レッスンを週2回、 プラス 練習ダンス会にも 週2回ぐらいは参加する・・。

練習ダンス会では 他のダンサーが 鵜の目鷹の目で観ている・・つまり 査定をするのだ・・。

あいつは 巧いか・・? 巧くないか? お高くとまっている奴・・全然できなくても 出来てると信じて疑っていない奴・・ と ま~ 色んなのが いる・・。

とりあえず ある程度リードして ある程度のステップには ちゃんとついて行ける様にならないと 練習会には参加できない。

参加してたとしても 誰も 鼻もひっかけない・・。つまり じと~~っ! と壁に引っ付いて 見ているだけなのだ・・。

リードの上手い 中級から上級の リーダー(男役)と踊ると・・ 相当巧く踊れる様に見える・・たとえ 自分がビギナーであっても・・。

逆に リードができない男と踊ると 相当の災難となる・・。たとえ自分が相当上級レベルであったもだ・・。 

つまり 自分がどんなに巧く踊れる様になったとしても・・リードできない男の前で おっとっと・・おっとっとと相撲でもとっている様な様になるのだ・・。

と いう事で・・タンゴダンスの世界では 女は 素晴らしくきれいにリードしてくれて・・心地よくステップが踏める様にする男を探す・・。

そして 男も 自分のリードで誰よりも美しくステップを踏める女を探す・・。

それは もう 練習会で踊っている人達を鋭く目で追い・・品定めをする事で 相手を探すのだ・・。

その時に リードできない男に当ってしまって・・自分は踊れるのに・・まったく踊れない女と査定されてしまったら・・ダンス会から抹消された状態になる。

男の場合も同じなのだ・・自分のリードで 女が素晴らしいステップを踏んでくれればいいが・・・オタオタして・・それも 上級クラスの女がオタオタしてしまったら・・その男は リードできない・・つまり 踊れない男として 没落する・・。

ダンス会では 誰ができて・・誰ができない奴か・・? は すでにみんな承知の上なのだ・・。

と言う事で・・新参者が現れたら・・すぐさま こぞって そいつのレベルのチェックが始まる。

とりあえず・・もし 女がブロンドで若く・・美しかったら・・踊りがそれ程でもなくても・・座る暇が無いくらいの人気者になる・・。

もし 女が 美しくもなく 若くも無かったら・・ダンスをうまくするしか方法は無い・・。 それでも ダンスがうまくなればいいか・・? と言う訳でも無い・・。

社交的な技術が必要になる。 つまり 銀座の上級ホステス的技術を持っていないと・・・命取りになる・・。

男はリードが巧かったら よりどりみどりで女を選べる・・例え それが チビ・ハゲ・デブ プラス老齢であっても・・リードさえうまく・・女をうまいダンサーに見える様にすれば それで人気者になれる。

さて! 私自身の場合は 若くない・・チビ・・ブスレベル・でもってダンスはまだまだ・・おまけに社交的な会話等は 一切好きではない・・と言うか・・そういう社交的な言動が苦手なのだ・・。だからダンスで 社交的な付き合いがしたいのだ。

と言う事で・・相当難しい所にいるのだ・・。

そして・・もっと悪い事に・・どんな女もゲットできない・・つまり ほかの女達が 避けまくっている・・リードが全くできない・・臭くてどうしようもない男達が 私によってくるのだ・・。 つまり 私はそういう男達の餌食になるのだ・・。

何回か・・そんな男の餌食になった・・。 リードなんぞ 全然できないので・・私はフロアーの上で ワタワタとしているだけの女になり下がる・・。

そして ベッタリとくっついてくる男の悪臭に吐きそうになるのを 3曲のダンス音楽の間耐えるのだ・・。

そんな事を繰り返していたら・・ドンドン タンゴダンスが嫌になる・・。

そして ある日 中年の上級ダンサー女が ジト~~っと座り続けている私に近づいて来て・・私に言った・・

中年女「ダンスの上手い男をゲットするのよ!」

私:「いやいや・・そんな男は絶対私を誘わないし・・」

中年女:「誘う様に あなたもやるの!」

私:「どうやって?」

中年女:「ダンスの上手い男と目を合わせる様にする!」

私:「そんなのは知ってるけど・・私から目を反らしたら・・それって 私とは踊りたくない って言う事でしょう? そんなみじめな事なんて 私には出来ない・・。 現にそんな経験何回もすでにしたし・・。」

中年女:「そんな事 気にしていたら・・何も始まらないの! 取り敢えず 上玉の男と目が合う様に 常に見つめるの・・(タンゴダンスでは目が合い お互いに頷いたら踊りましょうという合図なのだ。そして どんどん その人に話かけて お友達になるの!」

私:「ん~~・・ それが私は苦手なのに・・。」

中年女:「苦手とか言ってたらダメ・・取りあえず 小さいコミュニティーなので 自分の踊り相手は ガッチリと確保して置く作業はとても重要なのよ!」

そうなのだ・・こんな事で めげていてはいけないのだ・・そんな事は じゅうじゅうわかっているのだ・・。
でも・・ここで生き残るには 苦手だから・・とか言っている場合ではないのだ・・。

私と踊ってくれる人上級レベルのダンサーは 大体練習会の終わりの時間にやってくるの
だ・・。 でも 私はそれまで ずっと壁に引っ付いて 物欲しそうに座っている訳にはいかないのだ・・。 

いつも 待つのが嫌になって 途中で帰ってしまうのだ・・。

そして 私は・・自分の個人レッスンの先生にも愚痴った・・つまりヒドイ誰もが避ける 臭い・リードもできない男の餌食に私はいつもなる・・。

だから 私は全然ステップを踏めない女と言う事になってしまっている・・。

すると 先生は 私に言った・・・。

もう初級レベルのクラスに行くのは辞めなさい。 そして 上級クラスの男と踊りなさい。 それには 遅い時間の練習会に行く・・。 
練習会の早い時間帯は初級から中級連中しかいないので・・そういう男の餌食になるのだから・・。

踊りたくない男とは距離を置く。 そして 絶対に目を合わさない。と言うアドバイスはわかっていても そう簡単にはできそうもない。
競争社会で 勝ち残っていくには やるしかないらしい・・・。

最近 そんな・・こんな・・のアドバイスをもらう・・。

ダンス技術だけに猛進しても 頭打ちになる・・。 つまり先輩たちのアドバイスを受けて・・社交的な技術も磨かなければならないようだ・・。